ホーム > もう一つの歴史 > 名言 > 山本慈昭中国残留孤児の父Yamamotojisyou Chinese residual orphan father

もう一つの歴史

山本慈昭中国残留孤児の父Yamamotojisyou Chinese residual orphan father

山本慈昭中国残留孤児の父Yamamotojisyou Chinese residual orphan father

 

名言
「私が日本の父親になる。」



山本慈昭と背景

二次世界大戦末期、ソ連が突如、不可侵条約を破棄して、満州(中国東北地方)に侵攻。


当時、満州には日本の移民が大量に住んでいた。


ソ連軍から逃げる途中で、後の中国残留孤児が発生した。


中国残留孤児と日本の親を再会させるために尽力を尽くした人物が山本慈昭である。

日本で親が見つからない、中国残留孤児に対して、「私が日本の父親になる。」と言った。

 

 

 

English sentence
I will become a japanese father.

 

Yamamotojisyou and Background
At the end of World War II, the Soviet Union suddenly abandoned the non-aggression treaty and invaded Manchuria (Tohoku region).

At that time, Manchuria lived in Japan a large number of immigrants.

On the way to escape from the Soviet troops, later residual orphans in China occurred.

Yamamoto Yoshiaki is a person who has worked hard to reunite Chinese residual orphans and Japanese parents.

"I will become a Japanese father" against residual orphans in China who can not find a parent in Japan.
 

名言   2018/07/09   history

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください