ホーム > もう一つの歴史 > 感動の秘話 > 伝えたい秘話エルトゥールル号沈没事故とトルコと日本の友好‐その恩返し

もう一つの歴史

伝えたい秘話エルトゥールル号沈没事故とトルコと日本の友好‐その恩返し

トルコ船の沈没事故とそれを助けた日本人、それから95年後両国に奇跡が・・・。

伝えたい秘話エルトゥールル号沈没事故とトルコと日本の友好‐その恩返し

 

なぜ!トルコ人には親日派が多いのだろうか?

日露戦争で共通の敵ロシアを日本が打ち破ったから。これ以外にもう一つ大きな理由がある。それがエルトゥールル号沈没事件。

 

エルトゥールル号沈没事故の概要

 

トルコ軍艦エルトゥールル号が1890年日本近海で沈没した。和歌山県に属する大島に沈没したエルトゥールル号の遭難者が到着した。体は傷だらけで、身体は冷え切っていた。

 

大島では遭難者の救護を島民たちが熱心に行った。また、沖村長は、様々な期間に助けを要請して難事に対応した。島民による熱心な介護の結果、乗組員500人のうち、69名の命が助かった。その後、トルコ人69名を本国まで送り届けて、日本とトルコの友好のきっかけとした。

 

 

恩返し

 

1985年イラクのサダム・フセインは今から48時間後にイランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とすと発信した。

 

世界各国はイランに救援機を飛ばして、イランに住む自国民の救援に向かった。しかし、日本では、自衛隊機の派遣は出来ず、民間の航空会社に依頼したが、乗務員の安全が保障されないので、救援機は出せないと回答された。イランに住む日本人は政府に見放されてしまったのである。(当時の政府の対応に怒り心頭)


その時、助け舟を出したのがトルコであった。トルコ航空が日本人救出のために、救援機をイランまで飛ばしたのである。何の関係もないトルコが日本人を救出した理由は、エルトゥールル号の時に受けた恩を返したと言うことである。

 

感動の秘話   2018/07/16   history

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください