ホーム > もう一つの歴史 > 名言 > 山口良治泣き虫先生の奮闘記/YamagutiYoshiharuDemonic struggle of crybaby teacher

もう一つの歴史

山口良治泣き虫先生の奮闘記/YamagutiYoshiharuDemonic struggle of crybaby teacher

山口良治泣き虫先生の奮闘記/YamagutiYoshiharuDemonic struggle of crybaby teacher


名言
ぼくに涙がたくさんあって良かった。

山口良治
伝説の教師番組スクールウオーズ、そのモデルとなった。

ラグビー全日本の選手として大活躍した。

引退後、京都一荒れた伏見工業ラグビー部の顧問となる。

弱小だった伏見工業ラグビー部を全国大会常連校に引き上げた。

別名泣き虫先生。涙を流しながら体当たりで生徒を指導する。


English sentence
It was good that I had many tears.

YamagutiYoshiharu
Legendary teacher program School Wars, that model became.

He played a big success as a rugby player all over Japan.

After retirement, he will be an advisor to the Fushimi industrial rugby club in Kyoto.

He raised the Fushimi industrial rugby department, which was weak, to a national tournament regulars school.

Another name crybaby teacher. Teach students on body-to-face while shedding tears.

名言   2018/07/21   history
タグ:スポーツ , 現代

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください