ホーム > もう一つの歴史 > 感動の秘話 > 富田洋!小さな町工場が起こした大きな奇跡

もう一つの歴史

富田洋!小さな町工場が起こした大きな奇跡

そこには手や足を失った人が住んでいた。むらに仕掛けられた多数の地雷を撤去すべく日本人の姿がそこにはあった。絶対にあきらめない技術者としてのプライドが奇跡を生む。

富田洋!小さな町工場が起こした大きな奇跡

 

 

地雷
地雷は悪魔の様な兵器である。

 

殺傷能力は低く、殺さず足や腕を奪うのが目的である。

 

殺してしまうと、それでお終りだが、足を奪うと、介護をする人が必要、また、足を失った人を見た人達は恐怖感を募らせる。

 

地雷は二重三重の被害を目的に開発された卑劣な兵器である。
 

 

地雷が広がる理由
地雷は一個数百円でも作成が出来る安価な兵器である。
 

しかし、地雷を1つ撤去するとなると、数万円ぐらいの莫大な経費が必要になる。

 

簡単に作成と使用が可能で、一度地雷原になると撤去するのが難しい為に地雷が世界に広まった。
 


地雷の撤去
地雷は通常金属で作られている。

 

なので、地雷を探索する為に、金属探知機がよく使用されている。


しかし、プラスチック製の地雷は感知できず、また、地雷以外の金属を探知してしまうという欠点があった。

 

そこで、新たな地雷探知機の開発が急務となった。
 

困難の中、地雷探知機の開発に挑戦した人物が富田洋である。
 

 

富田洋
近年、道路の陥没問題が世間でも話題になっている。

 

富田洋が経営する会社は道路やトンネルなどの空洞を調べる会社であった。

仕事はとてもきつく、深夜の町を排気ガスを浴びながら、走り回っていた。


社員達は先の見えない過酷な労働に疲弊していた。


そんな時、地下の空洞を捉える富田の技術が地雷探知機の開発に使えないか、白羽の矢が立った。
 

国連から、富田に地雷探知機の作成依頼が舞い込んだ。


しかし、国連に地雷探知機開発の予算は無かった。


厳しい道のりだか、富田は話を受けようと思った。

 

自分達の技術が人の役に立てる。

 

社員達も仕事に対して誇りを取り戻してくれるだろうと考えた。

 

ここから、富田洋の苦難の挑戦が始まる。
 

 

地雷探知機の開発
富田洋の地雷探知機開発が始まった。


当初富田は、社員には手伝ってもらわず、自分1人で開発を進めた。


しかし、とても1人で出来る様な開発では無かった。

 

社員達は社長の無謀な挑戦を批判した。

 

富田は

 

誰にも負けない自分達の技術が人の役に立てる

 

と社員を1人つかまえては夢を語った。


富田の熱い思いに対して、賛同者が現れた。

 

賛同者の協力のもと、開発を進めた富田であった。


そして、ついに、地雷探知機の開発に成功する。

 

しかし、最初に作った地雷探知機は大型で、画像の処理能力や探知スピードが遅く、とても地雷原で使える物では無かった。
 

富田は一中小企業ではこの辺りが限界だと感じていた。

 

高性能の地雷探知機を開発するには、もっと大きな力を結集する必要があると思った。
 

富田は賛同を求める活動を始めた。
 

富田の自分達の技術で人の役に立ちたいと願う熱い思いに多くの人達が共感をした。


それぞれの技術者達もまた、自分の技術が人の役に立てる事に喜びを感じるのである。


富田信念は多くの企業の心を動かし、多くの賛同者を集める事に成功した。

地雷探知機開発の企業集団JAHDSの結成である。

 

皆それぞれに思いは違ったが、最終目標は一致した。


卑劣な悪魔の兵器地雷を撤去する為に、自分達が持つ技術を結集する。


それぞれの力が結集した時、大きな力を生み出した。


そして
小型に改良され、高性能の地雷探知機マインアイが完成された。
 


地雷撤去
タイとカンボジア政府の協力のもと、 完成された地雷探知機を持って、タイ、カンボジアの国境にやって来た。


村はポルポト派との内戦で寺周辺に地雷が仕掛けられていた。
 

村人の平穏な生活を取り戻す。
 

自分達の技術が人の役に立つ瞬間でもあった。
 

地雷の撤去は困難を極めたが、自分達の技術が人の役に立っていることに充実感があった。

 

約1年後、村に仕掛けられた全ての地雷の撤去に成功した。


村は平穏を取り戻す事に成功した。

自分達の技術が人の役に立ち、それによって、自分達の誇りも取り戻した瞬間であった。

 

始まりは小さな町工場、それが大きな力となって、世の中を動かし大きなプロジェクトを成功させた。

 

 

教科書にのせたいこと

・卑劣な悪魔の兵器

・現在でも地雷の被害が世界中であること

・地雷撤去の為に立ち上がった1人の日本人がいたこと

・日本の技術者達が、地雷撤去のために力を合わせたこと

感動の秘話   2018/08/12   history

この記事へのコメント

コメントを送る

 
※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください