ホーム > もう一つの歴史 > 植民地支配

もう一つの歴史

植民地支配

インドネシア独立と残留日本兵!現地逃亡日本兵~生きる英雄に‐6章

インドネシアの英霊墓地に寝る日本人と埋葬すらそれずに死んでいった日本人。なぜ、遠く離れた異国の地に日本人は死んでしまったのか。そこにはインドネシアの独立に人生をささげた残留日本兵の姿が・・・。

残留日本兵はなぜ現地に残り戦い続けたのか?第3章1万人それぞれの思い

旧日本兵はなぜ、現地に残って戦い続けたのか?アジアの解放のため、新しく出来た家族の未来のため・・・。果たして皆が本当にこのようなドラマティックな思いから戦ったのだろうか?いや、現実は違う。ドロドロした日常がそこにはあった。

歴史にほんろうされた残留日本兵!第2章戦後なぜ各国は残留日本兵を必要としたのか

欧米列強のアジア支配に対する抵抗、これが第2次世界大戦を日本が戦った理由である。その意思は戦後もアジアに引き継がれる。この意思が皮肉にも残存日本兵を生み出す要因となる。

戦後もアジアに生きた残留日本兵!第一章残留日本兵最初の発生原因と数

教科書ではけっして語られることがない歴史。第2次世界大戦の勃発と敗戦により、アジア各地には約1万人もの日本兵が現地に残り戦い続けた。なぜ彼らは・・・。

インドネシア独立とそれを支えた日本人の意地と誇り!オランダのすきにはさせない教科書で伝えたい歴史

オランダによるインドネシア支配、現地の人は苦しんだ。第2次世界大戦が勃発、日本軍はインドネシアからオランダ軍を追い払った。日本が敗戦した後、再び戻ってきたオランダ軍。インドネシアはオランダの支配に抵抗して独立戦争がはじまる。粘り強く戦うインドネシア軍、それを支えたのは・・・。

ピーターノーマン・メキシコオリンピックの表彰台での秘話とは?自分の信念を貫きたい人必見

1968年にメキシコオリンピックにて前代未聞の出来事が起きた。陸上200メートルの表彰台にて一位と三位の黒人選手が人種差別の反対を訴えた。オリンピックの政治利用はルール違反、その後一位と二位の選手には過酷な運命が待ち受けていた。しかし、それ以上の過酷な波乱万丈の人生を歩んだのが白人の二位の選手であった。その自分を貫いた生き方に涙する。

感動の秘話   2018/07/02   history

アジア、アフリカの独立の立役者日本!欧米列強の植民地支配に挑んだ第2次世界大戦

欧米列強による世界支配、それはアジア、アフリカの民にとっては苦難の歴史であった。そんな欧米列強に立ち向かったのがアジアの日本・・・。日本が欧米列強に立ち向かったその姿に奇跡が起きる。